プチ整形で二重に仕上げる~パッチリ目元の作り方~

先生

ぱっちり二重まぶたに

フェイス

方法いろいろ

二重まぶたになれるグッズは豊富に販売されていますが、一時的な効果であることがデメリットといえます。使用頻度が高くなると、皮膚がかぶれたり炎症を起こすようなトラブルにつながることもあります。整形術の中でも二重整形は人気です。整形というと躊躇する人も多いですが、技術の進歩で傷跡やリスクの少ない施術方法も増えています。二重整形のうち、埋没法はメスを使用しない、皮膚を糸で留める方法です。手軽で短時間施術なので、とても人気が高い方法です。また、切開する方法も部分切開や全切開、目頭切開などまぶたの状況に応じて施術方法が選べます。ぱっちりとした二重の目元になるために、いくつもの施術方法があり、理想の目に仕上がる可能性が高いです。

技術力のある医師に

このように二重整形の施術方法はさまざまです。それぞれにメリットとデメリットが存在し、まぶたの状態によっては向き、不向きもあります。例えば人気のある埋没法は、まぶたの皮膚が厚い人より薄めの人が向いているといわれ、極細糸で皮膚のひだを留めるだけなのですが、元に戻りやすいという点があります。やりなおしが効くともいえますが、それがデメリットと感じる人もいます。ですから、自分の目元を二重にするにはどのような方法がおすすめか、最適な方法を提案してくれる医師に依頼することが重要です。また、医師の実績や症例は二重整形の仕上がりにも影響することがあります。ただインターネットで医療機関や医師の情報、症例写真、利用者の口コミなどが確認しやすい社会となっており、人気のある二重整形はこれからも利用者が増えると考えられます。